節電

生活スタイル

生活スタイルを見直して、節電できる方法を見つけていけるといいのですが、
そのためには、じっくりと客観的に
自分の生活を見つめないといけません。

 

優先順位もありますが、それよりも、一度白紙の状態で、
生活を見つめなおしてみるといいですね。

 

冷房をどのように使っているかとか、
1日に何時間使っているかとか、
どのような機能を使っているかとか、
テレビは何時間使っているかとか、
いろいろです。

 

パソコンもそうですし、
電力がどんなふうに使われているかとか、
電力消費量も大事です。

 

電力消費量をおおまかに電化製品ごとに知っておくといいのかもしれませんね。
そうすれば、どの程度使っているかとか、
自分の電力を使う癖も分かってきます。

 

少しずつできるところから始めるといいかもしれません。

学校

節電の方法は、いろいろありますが、
以前から、節電の必要性が言われていました。

 

電気は限りある資源なので、大事に使うことを
学校でも押しているようです。
でも、それを実際に身近に感じることはあまりなかったのかもしれません。

 

電気が大事なのは分かっていても、なかなか使いたい時に
使いたい分だけたくさん使ってしまうので、
制限するということがあまりしてこなかったようにも思います。

 

ですが、東北で起こった大きな地震によって、
資源に対する私たちの考え方に変化があったように思います。

 

好きなだけ使っていた資源が、好きなだけ使えはしない時期にきています。
原子力発電の問題によって私たちの健康やいのちに関わる事態となり、
これまでの考え方や電気への使い方などを
無理のないようにしなければならなくなりました。

 

地震のすさまじさは圧倒されるようで、
津波やその被害のすさまじさは、映像をみるだけでも
たえがたいものでした。

 

そんな中で、好きなように電気を使うことは
難しくなりました。

節電グッズ

節電の方法は、現在ではいろいろあるようです。
地震によって更に節電の方法が充実し、
いろいろな考え方が生まれているようです。

 

節電グッズも多く、選ぶのが大変そうです。
節電グッズは、種類も多いですが、
内容も充実しています。

 

電化製品にも多いですが、節電を目的にした
新しい電化製品もあります。

 

電化製品でも、エコな思想は広がっていますし、
1時間単位で電気代がどのくらいかかるかとか、
消費量がどのくらいかとか、分かるようにもなっていたりします。

 

それをどうやって見極めつつ、
いいものを選んでいったらいいのかは、
迷うところです。

仕組み

節電を考えた電化製品は多いですが、
特に電力を多く使うものに節電の仕組みがあると
もっといいですね。

 

特に、エアコンはとても重要です。
夏は辛いので誰でも冷房をつけたくなります。
そんな時に、多くの電力を使ってしまうので、
できれば少なく、快適に過ごせるようなものを
使いたいですね。

 

最近では、そんなエコな節電エアコンが増えているようです。
エアコンは使い始めると毎日ですし、
使わない時間帯はないほどです。

 

そんなエアコンを上手に使っていく時に、
節電ができるのかもしれません。
節電のエアコンを設置して、
少しでも電力消費量を減らしていきましょう。

冷蔵庫

節電電化製品として、冷蔵庫も重要ですね。
冷蔵庫は、毎日電気を使っています。
時期に関係なく、必需品で、これがないと
生活が成り立たないほどです。

 

夏や冬に関係なく、毎日1年中必要なものですね。
食べ物をより新鮮な状態で保つことができますし、
冷凍庫で食材をもっと長く使って、節約にもなります。

 

そんな冷蔵庫なので、少しでも節電できるといいですね。
扉の開け閉めから冷凍庫の温度など、
いろいろな設定もあるので、それを上手に使えば、
以前よりも節電できるかもしれません。

 

昔の冷蔵庫は、電力を多く使ってしまうタイプの物も多いようで、
そうなると、思い切って新しいのを買った方がいいのかもしれません。

 

新しいのだと、使いやすさと節電効果で
いいですね。